事務職への転職は何歳までが無難?

47.jpg
「事務職に就きたいけど、年齢的に転職は難しいかも」なんて年齢とともに自信も落ちてきますよね。しかし、事務職に年齢はあまり関係ありません。

20代前半の若い人材を求める企業が多いのは確かなことですが、そのような会社ばかりではありません。事務職には年齢が高くても働ける会社はあります。

即戦力を求める会社にアラサーは強い!

企業によっては、若年層よりも社会人で経験豊富、落ち着きのある30代以上の年齢の方を求めている場合もあります。

職種にもよりますが、事務の仕事には正確さ・責任感・対応力がとても重要です。若年層のキャリア形成より、ビジネス経験を活かしつつ、しっかりした応対が出来る方に、業務を任せたいと考える企業も少なくありません。

また、経験豊富な人材は臨機応変な対応力が高いことから、企業の即戦力になる人材の可能性としても高く考えられることがあります。

なので年齢を気にして諦めることはありません!転職に不安があるなら、まず仕事に必要なスキルを身につけて強みをつくることが大切です。


一般事務は年齢が高い人を求める会社もある

主に電話対応がメインであったり、事務所の番が必要な会社では年齢の高い人を募集している場合もあります。

誰でもいいから年齢が高い人を求めているのではありません。

年齢が高いことはあらゆる経験値が高いことでもあり、臨機応変な行動や、応対能力のレベルは高いものがあると言えます。また長期勤務や休む事なくきっちり出勤してくれるという信用は、年齢が高いからこそ得られる信用でもあります。


女性にとって転職の真のリスク

結婚や出産を控える時期である女性を、採用のリスクがあると考える企業も存在します。

世間のイメージで、女性が結婚や出産を控える時期は20代後半~30歳前半ですよね。この時期の女性を早期退職の可能性があるのではないかと、懸念する企業もあります。

私が20代後半で転職をした際、面接で「結婚の予定はありますか?」と数社から質問を受けることがありました。ある面接官は「念のため、採用してすぐに退職されると困るので。」と。

事務職は特に、長く働いて欲しいと考る企業が比較的多いです。なので早期退職の可能性は、予め避けたいと考えることはよく理解できます。

しかし想像以上に、コレについての質問があったので正直驚きました。

まだまだ世の中、産休や子育て支援、男性の産休導入など女性が働きやすい環境が整ってないのが現状です。そのような休暇制度を導入している所は大きな企業だけで、すべての会社に浸透しきれていません。

多くの企業がこのような判断をしているわけではありませんが、20代後半~30歳前半の女性を不安定と考える企業も存在するのは確かです。


大切なのは行動力!

世の中にはたくさん色々な会社が存在しています。誰にだって働くチャンスはあるのです。

あきらめず、仕事を探すコト!・スキルを磨くコト!が転職への一歩だと言えます。

求人広告や求人サイトには常にアンテナを広げて見るようにすること、足りない知識やスキルを磨くなど、前向きな行動が大事です。


この記事へのコメント